管理者ページ
animation soup とは

2000年 関西で結成された、アニメーション上映会の企画団体。
アニメーション作家 ヨシムラエリを中心に、現在は約10名の運営スタッフ(兼作家)で活動中。
上映会にアニメーションファン以外の方にも来て頂けるよう、ミュージシャンや他ジャンルのゲストの協力を仰ぐなど色々こころみつつ、まずは自分たちが楽しめるイベントを目指している。
そのほか、国内外の上映会・映画祭へのプログラム参加も多数。
www.animationsoup.com
animationsoupをフォローしましょう

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
アーカイブ
「子どもの領分」アニメーション:Cプログラムのご紹介

Cプログラムは、7/22(日)15:45〜 一度きりの特別イベントです!

 

オリジナル音源バージョンを演奏してくださっているピアニスト[渡邉芳恵]さん、

SILENT FILM PIANO LIVE@PLANET+1でお馴染みのサイレント映画伴奏者[鳥飼りょう]さんをゲストにお招きし、

「子どもの領分」アニメーション上映を、ピアノ生演奏・即興演奏付きでお楽しみいただけます。

 

profile:渡邉芳恵

現在、鳥取県内で後進の指導の傍ら、国内外で精力的に活動。

ピアノや声楽の演奏のほか、作曲も手掛け、特に自作自演の音楽物語は好評を得ている。

 

profile:鳥飼りょう

サイレント映画伴奏者。ピアノ、パーカッション、トイ楽器等を演奏。

伴奏した作品数は400を超え、国内外の映画祭にも招聘される。

またオーケストラでの演奏やダンスとの即興演奏など幅広く活動。

 

今回、一体どんなコラボレーションになるのか、
作家&スタッフ一同、非常に非常に楽しみな企画でございます。

 

そして、ご安心ください、「さんまいのおふだ」も観たい!ですよね。
(というか、私たちも皆さんに観てほしい!んです)

上映ありです!

 

予約優先制(定員25名)となりますので、ぜひお早めにご予約を。

(7/16 23:00地点であと残15席程となっております)

Web予約フォーム

urx3.nu/KDr6

 

----------

ドビュッシー「子どもの領分」アニメーション・プロジェクト完成記念上映&「さんまいのおふだ」完成記念同時上映

日程:2018年7月21日(土)〜27日(金)
会場:プラネット・プラス・ワン

〒530-0016 大阪市北区中崎2丁目3-12 パイロット・ビル2F

TEL:06-6377-0023

アクセス:大阪メトロ谷町線 「中崎町」駅 2 番出口より徒歩1分

 

音楽:クロード・ドビュッシー
アニメーション:やまときょうこ、日野馨、永田ナヲミ、ヨシムラエリ、赤木崇徳、ウエマリイン
ピアノ演奏:渡邉芳恵
アレンジバージョン参加ミュージシャン:森本アリ、北原かおる•文平•平太、中山双葉、雷蔵+FT=man、SchnickSchnack、103CA
製作:animation soup

 

<Trailer>
https://vimeo.com/276567830

animation soup / children's coner trailer from animation soup on Vimeo.

| 2018.07.16 Monday | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
作家トーク&素材鑑賞イベントをします

7/21(土)13:00〜と7/22(日)11:00〜のAプログラム終了後に

プラネット・プラス・ワンの上の階にあるCO2運営事務局にて、

作家によるトークと素材鑑賞イベントを予定しています。

 

チケットをお持ちの方でしたら、どなたでも無料でご参加いただけます。

 

各作家、使用した素材も持ち寄って、
原画や使用したセットなどを間近にご覧いただけるようにして、
「あのアニメーション、どうやって作ってるの?」
「企画や撮影や編集など、どんな制作の仕方をしているの?」
「素材選びはどうしてるの?」
「毎日毎日アニメーション作ってるの?」
などなど、
作品制作にまつわる話をその日参加できる作家が集まって、
してみようと思っています。
作家同士も、
他の作品がどのように作られているか興味津々です!!!

 

2018/7/21-27@プラネット・プラス・ワン(大阪・中崎町)
ドビュッシー「子どもの領分」アニメーション・プロジェクト完成記念上映&「さんまいのおふだ」完成記念同時上映

Facebookイベントページも出来ました。
https://www.facebook.com/events/456865748111799/

| 2018.07.12 Thursday | 15:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「子どもの領分」アニメーション:Aプログラムのご紹介

今回の「子どもの領分」はドビュッシーの6曲からなる組曲。
その6曲を6名のアニメーション作家がそれぞれの解釈・技法でアニメーションにした作品です。
作風の異なる作家で一つのプロジェクトを共作することにより、
作家の個性やアニメーション表現の幅広さを堪能していただける作品群となっています。
ドラマ、時間軸の変化、季節の移り変わり。
音楽とアニメーションが紡ぎ出す6つの物語をお楽しみください。

--------------------
「子どもの領分」6作品合計20分

第1曲 「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」by やまときょうこ


手法:カットアウト&ちぎり絵
第2曲 「象の子守歌」by  日野馨


手法:墨ドローイング

第3曲 「人形へのセレナード」by  永田ナヲミ


手法:パペット&砂

第4曲 「雪は踊っている」 by ヨシムラエリ


手法:カットアウト

第5曲 「小さな羊飼い」 by 赤木崇徳


手法:2DCG

第6曲 「ゴリウォーグのケークウォーク」 by ウエマリイン


手法:実写&ペンシルドローイング

そして、今回は渡邉芳恵さんにピアノ演奏してもらっている
オリジナル音源バージョンに加え、
アレンジ音源バージョンでの上映も行います。
アレンジ音源バージョンは、
第一曲:森本アリ
第二曲:北原かおる•文平•平太
第三曲:中山双葉
第四曲:雷蔵(マツダユミ+ヨシムラエリ)+FT=man
第五曲:SchnickSchnack
第六曲:103CA
(敬称略。豪華!!!)
に担当してもらい、
メロディーも楽器もオリジナルとは全く異なる表情に!
同じアニメーションでも音源が変わることで
映像の印象がガラリと変わる様は必見です!

 

また、このAプロでは「さんまいのおふだ」も同時上映。
こちらは水墨画をベースに丁寧に作り込まれたSTUDIO HESOによるとても素敵な新作アニメーションです。

--------------------

「さんまいのおふだ」11分45秒
好奇心旺盛な小僧は、山に栗拾いに行き道に迷ってしまう。
行き着いた場所は山姥が住む家だった。
和尚に渡されたおふだを使い山姥を退治していく、 日本に
昔から伝わる民話を水墨画をベースにアニメーション化。

STUDIO HESO:
映像作家、松希光子を中心(へそ)にその時作りたい作品にぴったりな人
に声をかけ制作する基本は一人しかいないものづくりスタジオ。
ストップモーションアニメーションを中心に様々な映像作品を制作する。
今回は水墨画をベースにしたいという想いから、
文化財修理技師の繁村周、彫刻家の日高啓七に声をかけ制作を行った。
--------------------

 

ドビュッシー「子どもの領分」アニメーション・プロジェクト完成記念上映&「さんまいのおふだ」完成記念同時上映

日程:2018年7月21日(土)〜27日(金)

会場:プラネット・プラス・ワン

〒530-0016 大阪市北区中崎2丁目3-12 パイロット・ビル2F

TEL:06-6377-0023

アクセス:大阪メトロ谷町線 「中崎町」駅 2 番出口より徒歩1分

 

音楽:クロード・ドビュッシー
アニメーション:やまときょうこ、日野馨、永田ナヲミ、ヨシムラエリ、赤木崇徳、ウエマリイン
ピアノ演奏:渡邉芳恵
アレンジバージョン参加ミュージシャン:森本アリ、北原かおる•文平•平太、中山双葉、雷蔵+FT=man、SchnickSchnack、103CA
製作:animation soup

| 2018.07.10 Tuesday | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
おすすめ商品
スポンサー