管理者ページ
animation soup とは

2000年 関西で結成された、アニメーション上映会の企画団体。
アニメーション作家 ヨシムラエリを中心に、現在は約10名の運営スタッフ(兼作家)で活動中。
上映会にアニメーションファン以外の方にも来て頂けるよう、ミュージシャンや他ジャンルのゲストの協力を仰ぐなど色々こころみつつ、まずは自分たちが楽しめるイベントを目指している。
そのほか、国内外の上映会・映画祭へのプログラム参加も多数。
www.animationsoup.com
animationsoupをフォローしましょう

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
アーカイブ
<< あっち、そっち、こっちでアニメーション上映会 | main | mt school 紀伊半島 コマ撮りアニメーションワークショップ >>
-
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2016.11.02 Wednesday | | - | - | pookmark |
大川誠さんの個展「まことのまこと」
アトリエコーナスのアーティスト・大川誠さんの個展「まことのまこと」に
行ってきました。
大川誠さんといえば‥‥誠さんが羊毛で作ったちょっと不思議なかわいい人形
「Makoot(マクート)」をご存知の方も多いかと思います。
少し前にanimation soupでも、MakootをPRする短編アニメーションシリーズを作らせていただいたことがあって、ご縁がありました。
ですが先日、その大川誠さんの突然の訃報をお聞きしたばかり‥‥。
なんとも寂しい気持ちで、展覧会に足を運びました。

向かうは大阪の阿倍野。
このあたりは、再開発で新しい建物がたくさん建っているのですが、
少し路地を入ると、まだ懐かしい雰囲気が残っています。
昭和な住宅街の向こうに、超高層ビル(あべのハルカス)なんかが見えていて、なんとも不思議な景色の中をてくてく。
阿倍野駅からほど近いところにそのギャラリーはありました。

白い壁に、たくさんのMakootがずらり(それでもほんの一部だそうです)。
初めましての子がたくさんいて、中にはお久しぶりの子もいました。
色とりどりの表情豊かなMakootたち。
どの子も、おもわず話しかけたくなっちゃう、味わい深い姿をしています。

会場では、Makootの制作風景の映像を見ることができたり、
(↑ものすごいスピードでざくざくニードルを刺してます!)
そのニードルなど制作道具も間近で見ることができたり、
手描きの作品などが展示されていたり、
ありがたいことに、わたしたちがコマ撮りしたアニメーションも流していただいたりしていて、見所たくさんの展覧会でした。

その日は、コーナスのスタッフの方や、誠さんのお父さんとも、
少しお話しすることができました。
みなさん、寂しそうなお顔をされていながらも、
笑いながら誠さんの思い出話を聞かせてくださいました。
とっても愛されていたんだなぁ‥‥。

そんな大川誠さんの個展「まことのまこと」は、5月8日まで開催しています。
----------------------------
大川誠個展「まことのまこと」
日時:2016年4月9(土)〜5月8日(日)13:00〜17:30
場所:gallery CORNERS(大阪市阿倍野区共立通1-6-13)
----------------------------

心から、ご冥福をお祈りいたします。
| 2016.04.26 Tuesday | 05:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
-
スポンサーサイト
| 2016.11.02 Wednesday | 05:25 | - | - | pookmark |









http://animationsoup.jugem.jp/trackback/171
 
おすすめ商品
スポンサー
animation soup news
animation soupのメールマガジン"animation soup news"を不定期的にお届け中。
あんな情報からこんな情報まで animation soupのおしらせだけでなく、いつもお世話になっている作家さんや、ゲスト出演していただたいた方々の情報も紹介しています。
是非ご登録ください。
・・・ただし、あまり頻繁に発行していないので、忘れたころに届きます。