管理者ページ
animation soup とは

2000年 関西で結成された、アニメーション上映会の企画団体。
アニメーション作家 ヨシムラエリを中心に、現在は約10名の運営スタッフ(兼作家)で活動中。
上映会にアニメーションファン以外の方にも来て頂けるよう、ミュージシャンや他ジャンルのゲストの協力を仰ぐなど色々こころみつつ、まずは自分たちが楽しめるイベントを目指している。
そのほか、国内外の上映会・映画祭へのプログラム参加も多数。
www.animationsoup.com
animationsoupをフォローしましょう

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
アーカイブ
<< お久しぶりの尾道 | main |
新作が出来ました!

みなさま、お久しぶりです。

久々の新作のお知らせです。
今回はドビュッシー没後100年を記念し、ピアノ組曲「子どもの領分」をアニメーションに!
6曲からなるその組曲を、やまときょうこ、日野馨、永田ナヲミ、ヨシムラエリ、赤木崇徳、ウエマリイン
の6名のアニメーション作家がそれぞれの解釈・技法で1曲ずつ映像化しました。

オリジナルバージョンのピアノ演奏は渡邉芳恵、
「子どもの領分」をさらに楽しむ各曲アレンジバージョンとして、

森本アリ、北原かおる•文平•平太、中山双葉、雷蔵+FT=man、SchnickSchnack、103CA(敬称略)

に参加していただきました。

少し先になりますが、

大阪のプラネット+1で2018年7月21日(土)〜27日(金)の一週間上映が決定しました。
STUDIO HESOによる新作アニメーション「さんまいのおふだ」も同時上映予定です。

どうぞよろしくお願いします。

作品名:子どもの領分
音楽:クロード・ドビュッシー
アニメーション:やまときょうこ、日野馨、永田ナヲミ、ヨシムラエリ、赤木崇徳、ウエマリイン
ピアノ演奏:渡邉芳恵
アレンジバージョン参加ミュージシャン:森本アリ、北原かおる•文平•平太、中山双葉、雷蔵+FT=man、SchnickSchnack、103CA
製作:animation soup

協力:プラネット・プラス・ワン
助成:文化庁文化芸術振興費補助金

| 2018.04.16 Monday | 16:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
-
スポンサーサイト
| 2018.04.20 Friday | 16:07 | - | - | pookmark |









http://animationsoup.jugem.jp/trackback/176
 
おすすめ商品
スポンサー
animation soup news
animation soupのメールマガジン"animation soup news"を不定期的にお届け中。
あんな情報からこんな情報まで animation soupのおしらせだけでなく、いつもお世話になっている作家さんや、ゲスト出演していただたいた方々の情報も紹介しています。
是非ご登録ください。
・・・ただし、あまり頻繁に発行していないので、忘れたころに届きます。