管理者ページ
animation soup とは

2000年 関西で結成された、アニメーション上映会の企画団体。
アニメーション作家 ヨシムラエリを中心に、現在は約10名の運営スタッフ(兼作家)で活動中。
上映会にアニメーションファン以外の方にも来て頂けるよう、ミュージシャンや他ジャンルのゲストの協力を仰ぐなど色々こころみつつ、まずは自分たちが楽しめるイベントを目指している。
そのほか、国内外の上映会・映画祭へのプログラム参加も多数。
www.animationsoup.com
animationsoupをフォローしましょう

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
アーカイブ
<< 大山アニメーションプロジェクト2018のWSレポート3 | main | Animation Runs! Vol.39
animation soup + STUDIO HESO 特集上映 >>
イトナミダイセン藝術祭2018 - アニスのアニメアワー

11/3に「イトナミダイセン藝術祭」がスタート!

http://www.itonamidaisenartfestival.com

 

こんなにたくさんのアーティストが参加しています。

 

舞踏家・目黒さんによるゑびすショー!からオープニングスタート。

他にもたくさん参加アーティストさんによる楽しいあれやこれやありましたが書ききれないので、 ぜひイトナミダイセン藝術祭Facebookページ(https://www.facebook.com/ITONAMIDAISEN/) の方をごらんください。

 

一緒に参加させてもらった私たちの心もホックホクになるほど素敵な催しの連続でした。

 

さてさて、

我々animation soupは10月の毎週末のワークショップで制作したアニメーションのお披露目の時間を藝術祭のオープニングに設けていただきました。

日野馨さんによる「墨」アニメーションWS【モグモグ交響曲】で出来た作品
永田ナヲミさんによる「砂」アニメーションWS【モグモグ協奏曲】で出来た作品
渡辺亮介さん&やまときょうこさんによる「サザエ」アニメーションWS【サザエの塔】で出来た作品
ヨシムラエリさんによる「自然素材」アニメーションWS【出でよ、うしちち】で出来た作品

 

「てまひまギャラリー」では作品の素材展示をしていただきました。

 

そして、2日目は『アニスのアニメアワー』と題し、大山ガガガ学校で1時間上映会。

 

 

滞在してた「てまひま  はなれ」にて。
めっちゃ楽しい!眩しい!美味しい!だけど眠い(寝不足)!が入り混じった表情の我々(笑)
いやはや、我々の寝不足など比にならないくらい
あのたくさんのアーティストとプログラムと地区全体を束ねていた主催者さんやスタッフさんのパワーには本当に圧巻でした。
お世話になり、美味しいものもたくさん頂き(もぐもぐ)、ありがとうございました!

 

 

| 2018.11.14 Wednesday | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
-
スポンサーサイト
| 2018.11.16 Friday | 22:13 | - | - | pookmark |









http://animationsoup.jugem.jp/trackback/189
 
おすすめ商品
スポンサー