管理者ページ
animation soup とは

2000年 関西で結成された、アニメーション上映会の企画団体。
アニメーション作家 ヨシムラエリを中心に、現在は約10名の運営スタッフ(兼作家)で活動中。
上映会にアニメーションファン以外の方にも来て頂けるよう、ミュージシャンや他ジャンルのゲストの協力を仰ぐなど色々こころみつつ、まずは自分たちが楽しめるイベントを目指している。
そのほか、国内外の上映会・映画祭へのプログラム参加も多数。
www.animationsoup.com
animationsoupをフォローしましょう

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
アーカイブ
<< 一日目/よるの部 | main | 二日目/よるの部 >>
二日目/ひるの部
1/20(日)ひるの部

【上映作品】(30作品)
わたなべさちよ『雨の日は、何色?』/田口美早紀『しってるかいね』/林勇気『LAST BOY LAST GIRL』/永田ナヲミ『砂と女の子』/イワイフミ『ボタン』/ウエマリイン『オクトパス』/ハセガワマサハル『ハナウタDays』/ヨシムラエリ『雪溶けて村いっぱいの子どもかな』/諸藤亨『がんばれ受験生 - CGで読む古典』/坂元友介『焼魚の唄』/田口美早紀『ウィルソン兄弟〜隠し子・ぼくも水玉がほしい〜』/FT=man『ウィルソン兄弟〜ペット・ウィルソンの隠し子〜』/深海太郎『Landmark』/幸前里奈、江口真代『夏の思いで と書いて私の青春と読む』/赤木崇徳『pastime』/くろやなぎ てっぺい『if time pass』/田村愛『キオクノマバタキ』/中野キミオ『北風とネップモイ』/和田淳『そういう眼鏡』/田端志津子『むすんでひらいて』/吉元隆人『flying trip』/コタキマナブ『ピピンポップ』/タナカ ウサギ『続・ひげ蛙と小兎忍者』/権田直博『つり』/art unit COCOA『FRANK』/村上寛光『A boy who wanted to be a super hero』/山登恭子『わすれものマフラー』/Overture『Rhubarbidoo』/かわさきはるな『鶴感染』/杉本和歌子『ワールド』

【アフタートーク出演作家】(司会:難波紘子)
林勇気、イワイフミ、羽野真由美、幸前里奈、江口真代、吉元隆人、村上寛光

-----------------------------------

2日目のひるの部は、予想以上のお客さまにご来場いただきました。
なんと、2日間で一番お客さんが入ったのが、この回でした!
ありがとうございます!!!


時間の都合上、作家トークは10分程度のとても短いものになってしまいましたが、「トーク時間が短すぎる」「もっとトークを!」という声が、たくさんありました。
こういった声を、次回につなげていけたらと思います。
「和田淳さんは来られてないんですか?」といった、
当日来場できなかった作家さんについての問い合わせも頻繁にあり、
熱心なお客さまの多いことに大変おどろかされた回でした。
積極的に来場作家やスタッフに声かけてくださるお客さまもいて、
観客のナマの声を聞ける良い機会となったことも嬉しい出来事でした。

また、前もってチケットを買って来場してくださったお客さまの他に、
HEPに買い物に来て、チラシを目にして立ち寄ったというお客さま、
海外から日本旅行中で通りがかったので観に来てみたというお客さまなど、
偶然animation soupに出会ってしまった方々がいて、
スタッフ一同、そういったお客さまに会うたび、嬉しい悲鳴をあげていました。

スタッフはバタバタしていて、
あまり作家さんとゆっくりお話しできず残念でしたが、
作家さん同士は、初めて顔を合わす方や、久々の再会という方もいて、
普段なかなか会う機会がない作家同士の交流ができたように思います。

(animation soup スタッフ 永田)
| 2008.01.23 Wednesday | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
-
スポンサーサイト
| 2020.05.20 Wednesday | 22:40 | - | - | pookmark |









トラックバック機能は終了しました。
 
おすすめ商品
スポンサー